山本塾山本塾

  • お電話のお問い合わせ  月〜土10:00〜20:00 フリーダイヤル0120-448-883
  • 資料請求
  • 無料体験
  • お電話
  • 資料請求
  • 無料体験

HOME > コース案内 > ロボットプログラミング講座

ロボットプログラミング講座小3〜小6生

今後さらに重要視される
「プログラミング的思考」

2020年度新学習指導要領では
プログラミング教育が必修化となります。
子どもたちにとっては「現代の読み書きそろばん」
とも言える必要不可欠なプログラミング
の力を育てます。

無料体験のお申し込みはこちら

講座の特徴

未来の教育を見据えたプログラミング教育

ロボットプログラミング講座

身近な「もののしくみ」を学び、自分で解決する力を養います。

この講座では「いかに問題を細分化・単純化してとらえ、トライ&エラーをくり返して正解を導き出すか」という仕事の世界でも通用するチャレンジを行います。自動ドア、信号機、踏切など、身近な「もののしくみ」を学び、生まれたときから当たり前に存在するものを研究し、自分で作って動かします。
本物を自分で制作からプログラミング制御することや身近なテーマからしくみについて考えることにより、子どもらしい興味関心から、自然にプログラミングの世界へ入れます。さらに様々な物事に興味をもち、探究心が強くなり、社会に目を向けるきっかけがつかめます。

子どもたちの「作りたい」を叶える教材

読む

興味・関心を持ち続けることができます。

ものづくりメーカーの協力によるテキストを使用するので、ロボットの作り方を理解するだけでなく、ものの作られた理由や知っていると得をするトリビアなど、さまざまな知識も合わせて学びながら制作を進めていくので、興味・関心を持ち続けることができます。

組み立てる

小さな子どもでも簡単にロボットの組み立てができます。

どの方向にも自由につなぐことができる「アーテックブロック」や各種モーター・センサーブロックを使用するため、小さな子どもでも簡単にロボットの組み立てができます。 また、つなぎ方の自由が高いので、同じ課題に対してもいく通りものバリエーションを生むことができます。

動かす

パズル感覚で楽しむことができます。

マサチューセッツ工科大学でも大絶賛を受けた、子供向けプログラミングソフトを使うので、パズル感覚で楽しむことができます。そのため、調整がききやすく、失敗しても繰り返して理想の動きになるまで挑戦できます。

授業カリキュラム

確実にプログラミングが身につけられるカリキュラム

少しずつレベルアップする内容で複雑なロボットも思いのまま

制作するロボットが難しくなるにつれて、プログラミングの内容も難しくなっていきます。1回目でうまくいくとは限りません。動かしてみてダメならプログラムを見直し、修正してもう一度…。
試行錯誤をしながら自分の答えを発見することで、確実にプログラミングが身につけられるカリキュラムになっています。最終的には「課題解決」や「商品開発」ができるように学びます。

“ロボットプログラミングキット” ロボットプログラミングキット

「プログラミング教育」による情報活用能力の育成

世界的にIT人材の需要が高まっています。

コンピュータやプログラムに慣れ親しむことで将来のIT人材を育成

本格的な英語教育の開始に加えて、小学校の新学習指導要領で注目を集めているのが、コンピュータ等を動かす体験を通してプログラムの基礎的理解を深める「プログラミング教育」の必修化です。 第4次産業革命といわれるように、技術が急速に進化し、世界的にIT人材の需要が高まっています。ここ日本においてもIT市場規模は拡大し続けているにも関わらず、2030年には最大で79万人もの人材不足となると経済産業省は予想しています。
小学生の段階から、コンピュータやプログラムに慣れ親しむことで将来のIT人材を育成すること、さらには、プログラム作成を通じて物事を論理立てて考え、深く思考し、解決する力を伸ばすことが「プログラミング教育」の背景にあります。
ただし、小学校における「プログラミング教育」とは、プログラミング言語を用いたプログラム作成、いわゆる「コーディング」ではありませんが、授業時間、指導人材、教育教材をどう確保するかが今後の学校の課題になっています。

プログラミング的思考とは?

自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力

プログラミング教育を通じて目指す育成すべき資質・能力

知識・技能 身近な生活でコンピュータが活用されていることや、問題の解決には必要な手順があることに気付くこと。
思考力・判断力・表現力等 発達の段階に即して、「プログラミング的思考」を育成すること。
学びに向かう力・人間性等 発達の段階に即して、コンピュータの働きを、よりよい人生や社会づくりに生かそうとする態度を涵養すること。